パプアニューギニア、豪州と安全保障協定締結へ

In fact, it is correct that China has signed a security agreement with Solomon Islands. Small countries are limited in their ability to provide security and economic development on their own. It is the limit of economic scale.

Australia is now moving to conclude a security agreement with Papua New Guinea. However, Australia's capabilities are limited. Japan and the U.S. should join in.

実は中国がソロモン諸島と安全保障協定を締結したことは正しい。小国は自ら安全保障と経済開発を行うには限界がある。経済的規模の限界だ。

豪州が今頃になってパプアニューギニアと安全保障協定を締結する動きを見せている。しかし、豪州の能力では限界がある。日米が入るべきだ。

以下機械訳

Minister says PNG negotiating security treaty with Australia | RNZ News

PNGがオーストラリアと安全保障条約を交渉していると大臣が発言

パプアニューギニアのジャスティン・トカチェンコ新外相は、オーストラリアのメディアに対し、同国がオーストラリア、そして潜在的にはニュージーランドとの安全保障条約の交渉に動いていることを明らかにした。

オーストラリア放送協会(ABC)は、この条約が検討されていることは、中国がこの地域で勢力を拡大する中、キャンベラとポートモレスビーがより深い防衛関係を構築する意思があることを示しているようだと報じている。

トカチェンコ氏は、今週ポートモレスビーを訪れたオーストラリアのペニー・ウォン外相とこの構想について話し合い、両国は交渉を進めることに意欲を示したと同放送局で語った。

「この地域の安全保障に関して、私たち全員が同じ考え方に立つことができるよう、両国間で条約を進める話し合いが行われた」と述べた。

「そして、現在あるいは将来起こりうるあらゆる事態に対応できるようにするためです」。

オーストラリアとパプアニューギニアは安全保障面で強いつながりを持っていますが、両国はこれまで正式な条約に調印したことはありません。

トカチェンコは、この条約は「この地域のすべての安全保障をカバーするもの」であり、ニュージーランドも含まれる可能性があると述べている。この件に関してウェリントンの政府と協議したかどうかは明言しなかったが。

「ニュージーランドもこの地域の主要な一部となるだろう。安全保障のための共同条約になるだろう」とABC放送に語った。

「この地域の伝統的なパートナー間の条約は、すべての国に安全保障を提供するのに役立つだろう」。

トカチェンコ氏は、この条約が拘束力を持つのか、それともより広範な非公式な合意になるのかについては言及せず、話し合いは非常に早い段階であることを強調した。

「この協定はまだ確定しておらず、適切な手続きを経て、国防省や首相官邸などの部局がその取り決めについて完全に理解する必要がある」と述べた。

「まだすべてが白黒ついたわけではありません。しかし、それはテーブルの上に置かれたものであり、将来に向けて検討され、進められるものだ "と述べた。

ウォン氏は、11月にキャンベラで開催される予定のPNG-オーストラリア閣僚フォーラムで、両国はこの提案についてより詳細な協議を行う予定であると述べた。

ウォン氏、条約締結の可能性を否定

オーストラリアがパプアニューギニアとの軍事関係により多くの資源を注ぎ込む中、トカチェンコ氏の発表が行われた。

ABCは、火曜日にポートモレスビーで行われたインタビューで、ウォン氏にこの条約案について質問した。

ウォン氏は、安全保障条約が間もなく締結されるとの見通しを否定し、トカチェンコ氏とは「ごく初期の話し合い」をしただけで、ジェームズ・マラペ新政権との話し合いを先取りするようなことは望んでいないと述べた。

「私たちは明らかに、安全保障に関する議論も含め、(パートナーシップの)下で予定されているいくつかの項目について議論しました。新政府は、パプアニューギニアの優先事項のリストを求めている」と、ABC放送に語った。

また、ニュージーランドを参加させるかどうか、条約がどのような形になるかについても言及しなかった。

「これらはオーストラリアとパプアニューギニアが協議する問題である。しかし,両国が安全保障協力の継続を望んでいても不思議ではありませんし,私たちは長きにわ たる防衛関係を築いています」。

ニュージーランドのマッセイ大学のアンナ・パウルズ博士は、特にパプアニューギニアの新政権が発足したばかりであることを考えると、トカチェンコの条約に関する宣言は「驚くべき展開」であったと述べた。

ABC放送によると、この動きは、中国がソロモン諸島と結んだ安全保障協定がもたらす影響について、ポートモレスビーで不安が高まっていることが引き金になった可能性がある。

「オーストラリアは、太平洋地域における二国間安全保障条約のハブ&スポーク・システムの確立を目指しており、PNGとのこの種の安全保障条約は、その延長線上にあることは明白である」と述べている。

ソロモン諸島米国沿岸警備隊寄港を拒否、米軍医療船は予定通り?

米国沿岸警備隊の寄港を拒否したことがニュースになったソロモン諸島。8月29日からは米軍の医療船マーシーが寄港する計画で、予定通りとのこと。
この医療船には日本自衛隊も参加している。

US Navy Hospital Ship Heads to Honiara for Pacific Partnership 2022 - Sunday Isles

 

ソロモン諸島は、グアムに拠点を置く米国沿岸警備隊カッターの港湾呼を拒否

Solomon Islands denies port call for Guam-based US Coast Guard cutter | Stars and Stripes

以下機械訳

ソロモン諸島、グアム所属の米沿岸警備隊の寄港を否定
By WYATT OLSON  
スターズ・アンド・ストライプス - 2022年8月26日
ソロモン諸島は最近、予定されていた米沿岸警備隊のカッターの寄港を拒否し、オセアニア諸国が中国を優先して米国との関係を断絶しているとの懸念をさらに高めた。

ホノルルの第14沿岸警備隊の広報担当者、クリスティン・カム中尉は木曜日に電子メールで、グアムを拠点とするUSCGカッター、オリバー・ヘンリーがガダルカナルに定期的に寄港する予定だったことを明らかにした。

「ソロモン諸島政府は、同船がホニアラで給油と補給を行うための外交許可を米国政府に要請したが、応じなかった」とカム氏は述べた。「従って、CGC Oliver Henryはパプアニューギニアに迂回し、給油と補給を行った。

沿岸警備隊のニュースリリースによると、オリバー・ヘンリーは火曜日にパプアニューギニアのポートモレスビーに到着し、港湾視察を行った。この訪問は、「珊瑚海の一部、ソロモン諸島とパプアニューギニアの排他的経済水域」でのパトロールに続くものである、と同発表は述べている。

沿岸警備隊は、安全保障上の懸念から、ガダルカナルに寄港する予定だった日の公表を避けた。

「米国務省はソロモン諸島政府と連絡を取っており、今後すべての許可が米艦船に提供されることを期待している」とカム氏は述べた。

SeaWaves誌は8月24日、オリバー・ヘンリー号と英国の巡視船HMSスペイ号がソロモン諸島への入港を拒否されたとツイートしている。

この島々は、1942年8月に米海兵隊がガダルカナルに上陸したのを皮切りに、第二次世界大戦中の連合国の主要な作戦の舞台となった。

しかし、戦争が終わってから数十年、アメリカの関心はこの島国から遠ざかっていった。アメリカは1993年にホニアラの大使館を閉鎖した。


2019年、ソロモン諸島は、中国による数年にわたる圧力キャンペーンを経て、外交承認を台湾から北京に切り替えた。

3月には、両国間の安全保障協定案が流出し、中国がソロモン諸島に軍艦を寄港させ、警察を支援することが認められたようだ。

両国の政府関係者は、中国がソロモン諸島に軍事基地を設置することを否定している。

しかし、米国とオーストラリアの政府関係者は、中国がこの地域における長年の指導的役割を失うという見通しに対し、警戒感を示している。

最近では、テネシー州選出のマーサ・ブラックバーン上院議員(共和党)が台湾に向かう途中、水曜日にソロモン諸島とパプアニューギニアに立ち寄り、木曜日に同地に到着した。

ウェンディ・シャーマン米国務副長官とキャロライン・ケネディ駐オーストラリア大使は、ガダルカナルの戦い開始から80周年を記念して、今月初めにソロモン諸島を訪れました。

ソロモン諸島のマナセ・ソガバレ首相は、講演の予定があったにもかかわらず、このイベントに姿を見せず、一部の地元メディアはこれを "スヌーブ "と呼んでいる。

ロイター通信が8月7日に報じたところによると、シャーマン氏とソガバレ氏はその日のうちに会談し、副長官は中国との安保条約に関する米国の懸念を強調した。

民主主義への挑戦:ソロモン諸島の人々から選挙権が奪われようとしているークレオ・パスカル

Right to vote being snatched from Solomon Islanders by PRC-backed PM - The Sunday Guardian Live

Spaceでも話しました

中国からソロモン諸島を救え!クレオパスカルの記事読み上げました

https://twitter.com/i/spaces/1MYxNnwONnzxw?s=20

 

ソロモン諸島の人々から選挙権が奪われようとしている。

クレオ・パスカル
公開日:2022年8月13日

 

ソガバレは選挙延期法案を提出した。現地の反応は歯がゆい。ソガヴァレと北京の彼の後援者は、中国の安全保障協定を有効にするため、暴力をいとわないのだろう。
8月8日、ソロモン諸島のブラッディリッジで、キャロライン・ケネディ駐豪米国大使を含む要人たちが、ガダルカナルの残酷な戦いから80周年を記念して夜明けの式典に参加した。ケネディさんの父、ジョン・F・ケネディ(後の大統領)は、この戦いで死にかけたが、2人のソロモン諸島民に命を救われた。

ソロモン諸島のマナセ・ソガバレ首相は、この式典を欠席した。ソロモン諸島のマナセ・ソガバレ首相は、ソロモン諸島を再び太平洋の危険地帯に変えてしまうかもしれないことに忙殺されていた。

本紙の熱心な読者なら、もちろん知っていたことだろう。


この記事を読んでいない人のために、簡単に説明しよう。


北京は、広大な太平洋諸島地域の重要性を研究してきた。たとえば、台湾を手に入れるためには、この地域を保持するか、あるいは他から拒否することが必要だ。また、ブラッディ・リッジにいた人々が記憶しているように、武力による奪取のコストと難しさも知っている。

そこで北京は、政治戦争を利用して第一列島を越えて「アイランドホップ」し、地域全体に政治、経済、そして次第に武力行使可能な前進作戦拠点を設置することによって、この地域の強化に取り組んできた。

この地域の目標は、「中国・太平洋島嶼国共同発展ビジョン」の提案で明示され、「中国・太平洋島嶼国共同発展5ヵ年行動計画(2022-2026)」で支持されている。

ミクロネシア連邦のデビッド・パニュエロ大統領は、他の太平洋島嶼国(PIC)の指導者に宛てた書簡で、これらをこう呼んだ。「私たちが生きている間に太平洋で提案された最も画期的な協定である」。

この協定は調印されなかったが、中国がそうなると思っていたとは思えない。反対派(例えばパヌエロ大統領)をあぶり出し、順守派(例えば、より大きな「ビジョン」の要素を含むとされる二国間秘密協定に署名したPIC首脳数名)を特定し、「自由世界」がそれについて何かするつもりかどうかを見るための方法であった。

しかし、米国は新しい大使館を開設するなどの一連の発表を行った。米国議会は、超党派の二院制の法案を提出し、大使館の開設を支援した。

しかし、米国がすでに持っているアクセス手段を活用すれば、この取り組みは地域でもっと反響を呼んだだろう。例えば、NSCのカート・キャンベル・インド太平洋地域調整官がこの地域の米国の「ハブ」として名指ししたフィジーなど、既存のPIC大使館のいくつかは、現在、米国が大使を任命していない。

中国とその代理人たちは、阻止されることも、あまり動揺することもなく、計画を進めているようである。今週、ソロモン諸島で見たように。

本紙の読者であれば、先週、親中派のソロモン諸島のソガバレ首相が選挙延期法案を提出したことを聞いても驚かないだろう。2021年9月にこのページで、ソガバレ首相が北京の助けを借りて選挙を延期するために必要なピースを配置中であることを読んだだろう。

ソガヴァレ首相は、中国から寄付された「選挙区発展基金」を使って、国会議員50人のうち39人に資金を提供したことを報告した。「これは憲法を改正するのに必要な数である。ソガヴァレは次の選挙を2023年から2024年にずらしたいという公言をしているが、それには憲法改正が必要である。"

そして、2022年4月23日のインタビューでは、ソロモン諸島の尊敬する政治家、ピーター・ケニロレア・ジュニア氏が、それが近づいていることを示す兆候がさらにあると述べていることを読みました。「政府予算を見れば、政府が選挙に真剣でないことは明らかだ。私にとっては、それが最大の指標です。私はこの数字を探し求めていたのです。その数字が見えないんです」。

ソガヴァレ氏の民主化を先送りする「理由」は、こちらでも紹介した。 一ヶ月以上前、我々はこう書いた。「彼が選挙を延期する言い訳は、2023年にソロモン諸島で太平洋競技大会が開催されるが、競技大会と選挙の両方を行うには資金が足りないというものだ」。

先週末、ソガヴァーレが選挙延期法案を提出した。

現地の反応は激しく、この国に大きな痛みをもたらした内戦の復活の話を引き起こしている。

おそらくソガヴァレと北京の彼の支持者は暴力を気にせず、中国の安全保障協定を発動させ、(ソガヴァレが負ける可能性のある)選挙をさらに長く延期するためのより良い口実を得るために、さらなる「不安」を望んでいるのだろう。

ソガヴァレは、まさにそのシナリオを準備してきたのだ。国内には中国の「警察訓練生」がおり、彼は「22台の警察車両、30台のオートバイ、2台の警察用放水銃、8機の警察用ドローン、高度なCPP(接近保護)装置(SBD2200万ドル(397万ドル)相当)」について中国大使に公然と感謝をしている。

ソロモン諸島に運動学的な外部脅威がないことを考えると、これは自国民と戦争する場合にのみ意味があるように思われる。

そうなれば、不安は他の地域にも広がる可能性がある。危険な状況である。

国際社会は1年近く準備期間があったわけだが、反応はどうだったのか。

ほとんどが、「心配している」、「こっちを見るな」、「どうしたらいいんだ、主権国家なんだから」である。

まず、基本的なことから説明しよう。ソロモン諸島の憲法はこう始まっている。「われらソロモン諸島の国民は、われらの祖先の英知と価値ある習慣を誇りとし、われら共通の多様な遺産を心に留め、われら共通の運命を自覚するので、今、神の導きの下に、主権ある民主国家ソロモン諸島を樹立する」

これは、ソロモン諸島の人々に対するクーデターの企てである。ソガヴァレは、彼らの主権を奪おうとしている。彼は、メディアを掌握し、安全保障に関する秘密協定に署名し、憲法を変えるために賄賂を使い、反対意見を扇動し、それを潰す準備をすることによって、自国を中国のクローンにしようとしているのだ。

もしあなたが主権を気にかけるなら、ソロモン諸島の人々は2023年に投票できるようにしなければならない。

どうすればそれが実現できるのか、ソロモン諸島の人々自身から寄せられたアイデアをいくつか紹介しよう。

* 太平洋島嶼国は、自分たちが大国のゲームの手先であることに不満を持ち、「主体性」を求めています。これは彼らがステップアップする瞬間である。ソガヴァレは、パシフィック・ゲームという口実を用いて「選挙を延期」しようとしている(民主主義の遅延は、民主主義の否定である)。PICは、自分たちの「家族」のメンバーを抑圧するために利用されることを許すだろうか。

それとも、この大会に参加する国はソロモン諸島の民主主義の抑圧を支持していることを明らかにするのだろうか。参加する選手は、メダルを取るチャンスがソロモン諸島民の投票権よりも重要であると言っているのだ。

* 同様に、ワシントンが選んだ地域的関与の場である太平洋島嶼国フォーラム(PIF)にとっても、これは勝負を分ける瞬間となるはずである。PIFは、他のいくつかの地域的危機に直面して、ほとんど何もしてこなかった(過去2-3年間だけでも。コビッドの対応、コビッドの回復、南太平洋大学の危機、中国の安全保障取引、各国のPIFからの脱退など)。

PIFは選挙を可能にするための支援を申し出るか、選挙が行われないなら大会に参加しないよう各国に勧告すべきです。この状況はあまりにひどいので、PIFが何もしなければ、何のためのPIFなのか、とても言えない。

* オーストラリアとニュージーランドは、ソガヴァレ氏の家族や39人の国会議員を含む周辺人物が自国に持つ不釣り合いな資産を調査すべき。

* 国家安全保障上の汚職で有罪となった者は、オーストラリア、ニュージーランド、米国など、もし太平洋諸島フォーラムがこの地域の勢力となることに真剣であれば、太平洋諸島フォーラム加盟国へのビザを取得する資格がないことを明らかにする必要がある。トランジットビザも不可。

* 汚職を調査するソロモン諸島の地元メディアと組織を支援する。

* インドは、モルディブのような場所での中国の政治的戦争に対する成功した反撃から学ぶために、地元のパートナーと協力することができます。

* ソロモン諸島は中国と取引している」のようなことを言うのをやめてください。はっきりさせることだ。中国と取引しているのは、ソガヴァレとその一派である。ソロモン諸島は、その憲法の通り、ソロモン諸島の人々であり、彼らはこの方向を好まず、だからこそSogavareは投票所から彼らを遠ざけようとしているのです。十分に彼らを尊重してください。

* オーストラリアとニュージーランドは、状況を悪化させるようなことをやめる必要があります。

例えば?ソガヴァレ氏が選挙を延期すると発表した直後、オーストラリアはソガヴァレ氏の政府に1668万豪ドルを競技のために提供すると発表した。

各国は、これは通常のビジネスではないことを認識する必要があります。これは中国的なクーデターであり、ソロモン諸島で食い止めなければ、広がっていくだろう。

キリバスはすでにその途上にあり、マライタ、ブーゲンビル、チューク、そしておそらくニューカレドニアでは深刻な(そして完全に回避可能な)暴力が発生する可能性がある。東ティモールも中国のメニューに入っており、インド太平洋のチョークポイントにますます近づいてきている。

パヌエロ大統領のように、国民のために立ち上がろうとする人々には、支援が必要だ。今こそ。個人的な野心のために、自国の土壌にさらに血を流そうとする者たちは、その責任を問われなければならない。昨日のことだ。

中国共産党は、それを止めるまで止めるつもりはない。そして、より多くの代理人をその傘下に集めることができれば、より強くなり、より多くの損害を与えることになる。この戦いを避けることはできない、服従を受け入れるのでなければ。現在、最前線にいるのはソロモン諸島の人々(中略)。彼らはバックアップを必要としている。もし、彼らがそれを得られず、倒れれば、それは広がっていく。

今からでも遅くはない。問題を予測する1年前の記事の話をするのではなく、現地のリーダーの話を聞き、解決策を見出す1年前の記事の話をすればいいのです。私たちには、新しい幕開けのセレモニーを必要としないようにするチャンスと責任があるのです。

海上自衛隊メラネシア総なめ!

The officer of the destroyer Kirisame, who was successfully rescued after being attacked by thugs in the Solomon Islands and receiving medical assistance from the U.S. military, will enter Vanuatu and invite local residents on board, as well as conduct joint exercises with the Vanuatu Maritime Police. In the previous year, the Kirisame entered Vanuatu's waters but was unable to conduct joint exercises.

The next stop should be Fiji and then New Caledonia.

Japan Maritime Self-Defense Force Melanesia all the way. Security cannot be thought of merely from a desk. It is only by going out into the field more and more that we can understand what limitations and possibilities exist.

This "FY2022 Indo-Pacific Deployment" will continue until the end of October. It is still in the middle stage.

My involvement in the Ministry of Defense's Indo-Pacific deployment began in 2017. I don't like to be out in the open, but I write this because I don't want it to be an achievement of Yohei Sasakawa, who did nothing and knows nothing about it. Myanmar, so as not to repeat the tragedy of PM Abe.

 

ソロモン諸島で暴漢に遭いつつも米軍の医療支援も受け、ことなきを得た護衛艦きりさめは、バヌアツに入港し、地元の方々を招待乗船し、さらにバヌアツ海洋警察との共同演習も行う。前年度はバヌアツ海域に入ったものの共同演習までは展開できなかった。

次はフィジー、そしてニューカレドニアのはずである。

日本海上自衛隊メラネシア総なめ。安全保障は机上で考えるだけではだめなのだ。現場にどんどん出ることでどのような限界と可能性があるかが、初めてわかる。

この「令和4年度インド太平洋方面派遣」10月末まで続く。まだ中盤戦だ。

防衛省のインド太平洋派遣への私の関与は2017年から。表に出るのは好きでないが、何もしていない、何も知らない笹川陽平の功績になることだけは避けたいので書く。ミャンマー、安倍総理の惨劇を繰り返さないためにも。

令和4年度インド太平洋方面派遣|海上自衛隊 〔JMSDF〕 オフィシャルサイト

JMSDF destroyer JS Kirisame docks in Port Vila | News | dailypost.vu

 

ガダルカナル連合軍上陸八十周年

2022年、8月7日はガダルカナルに連合軍が上陸した八十周年だった。日本軍が人海戦術で作ったホニアラの飛行場を奪い取ったのだ。

式典には米国ジャーマン国務副長官、ケネディ駐豪大使も出席。世界が注目し、シャーマン国務副長官自らSNSでどんどん情報が出てくる。もちろん現地と現地に入った欧米のメディアからも。

日本からは一切出てこない。肝心の鬼木防衛副大臣のツイッターをフォローしているが何も発信していない。そして、護衛艦きりさめの隊員の殺傷事件。それでも日本語のニュースは皆無だ。やっと昨日8月9日あたりから日本語でも出てきた。

せっかくの日米豪NZ協力の花舞台である。統一教会の事は残念だが、それでも安倍総理の遺産であるインド太平洋構想の成果なのだ。

文句を言っていても始まらない。その式典翌日にはソガヴァレ首相は憲法改正法案を国会に提出。特別に選挙開催を遅らせる。なぜか?太平洋ゲーム開催のためのお金がない、という。本当の目的は北京を背後にしたソガヴァレ政権の確立であることは誰の目にも明確だ。

さて、そんなソロモン諸島の内政に日米豪NZはどのように関与していくべきか。4人5脚は必須である。できれば宗主国英国を含めた5人6脚。

 

まずは米国のプレゼンスに関するシャーマン国務副長官のコメント。

「米国のウェンディ・シャーマン国務副長官は、ソロモン諸島を含む太平洋地域における米国のプレゼンスは突然のものではなく、同盟とパートナーシップに再投資するというバイデン政権の方針であると断言した。」

いや突然なんです。だから米国も何をしていいかわからない。冷戦終結後米国が太平洋から姿を消して30年。だた米国は豪州の外交政策、外交姿勢に問題があることは気がついています。

Sherman: US Presence in PICs and SI Is Not Sudden, it’s about what President Biden instructed us to do - Solomon Islands Broadcasting Corporation (SIBC)

 

そしてNHKもやっとニュースに。

今回の慰霊式には遺族や旧日本軍の関係者でつくる団体も参列を検討していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響などで見合わせたということです。」

この遺族会は統一教会や反しゃ組織と関係していることがあるので不参加でよかった。もし本当に英霊を思うのであれば、ソロモン諸島の社会開発に貢献しているだろう。遺骨収集は別の目的を行う言い訳である。この人たちがどれだけソロモン諸島の政治を理解しているのか?

ガダルカナル島の戦いから80年 日本政府主催の慰霊式 | NHK

 

共同も英語で出した。

Japan, U.S. vow to enhance ties with Solomon Islands amid China clout

「日本政府が主催し、キャロライン・ケネディ駐豪米国大使も出席した別の追悼式で、鬼木氏は「愛する人や友人を失った悲しみに耐え、苦難を乗り越えた遺族やその他の人々に深い敬意を表します」と述べ、太平洋諸島諸国とのより強い絆を築くことへの希望を表明した。」

鬼木副大臣に誰か、ケネディ大統領と、戦艦あまぎの花見艦長の交友を教えてあげる人はいなかったのであろうか?

ガダルカナル八十周年式典で海上自衛隊刺殺と伝統的和解儀式開催

スペースでも話しました。今朝の式典で刺殺された護衛艦きりさめの隊員は、治療を受け本日船でソロモン諸島を出港。ソロモン諸島政府は、日本の三輪大使に伝統的和解儀式を提案し、三輪大使は(即ち日本国は)それを受け入れたのです。この事件が日本とソロモン諸島の新たな関係強化になることを期待します。

他方鬼木防衛副大臣一行はパラオに向かったはずです。

https://twitter.com/i/spaces/1OyKADZgMlNxb?s=20

ガダルカナル80周年式典きりさめ隊員の殺傷事件とソロモン式和解

 

以下SIBCニュースの機械訳です。

Ministry of Culture and Tourism Apologizes to Japan following Bloody Ridge Stabbing - Solomon Islands Broadcasting Corporation (SIBC)

文化観光省、ブラッディリッジ刺殺事件を受けて日本に謝罪
フレデリック・クスー2022年8月8日
 政府は文化観光省と外務貿易省を通じて、今日の午後、メンダナ・ホテルで伝統的な和解プログラムを通じて日本政府に謝罪の意を伝えた。
これは、今朝ブラッディリッジで行われたガダルカナル戦80周年記念のソロモン諸島観光局主催のイベントで、日本海軍の兵士がソロモン諸島民に刺されたことを受けたものです。
この和解プログラムには、観光省の次官とスタッフ、外務省の職員、三輪義明駐ソロモン諸島日本大使、メディア関係者が参加しました。
三輪義明駐ソロモン諸島日本国大使にシェルマネーを贈呈するバニヤン・シヴィオロPS(中央)。
観光省を代表して、バニヤン・シヴォロ常務大臣は、今回の事件は予期せぬものであり、孤立した事件であったことを伝えました。
「ソロモン諸島政府と平和を愛する国民を代表し、皆さんと、特に事件に巻き込まれた隊員に心からお詫びを申し上げたいと思います。
私たちは、誰もが式典を楽しんでいるときに、このような事件が起こるとは思ってもいませんでしたし、望んでもいませんでした。また、公園周辺に住む多くの愛すべき人々も、このような卑怯な行為を許さないでしょう」とシボロ氏は述べた。
続いて事務次官は、ソロモン諸島政府と国民を代表し、平和と和解の象徴として、伝統的な貝殻のお金を日本大使に贈呈しました。
また、日本大使は、教訓を学び、今後このような事件が起こらないようにすることを約束しました。
これに対し、三輪氏は贈り物を受け取り、和解プログラムを企画した担当省庁に謝辞を述べました。
「このような式典を開催していただき、ありがとうございます。というのも、事務次官がおっしゃったように、これは孤立した事件だからです。この事件には政治的な背景はないと理解しています。
一方で、このような事件があったにもかかわらず、この非常に重要なイベントが成功裏に行われたことに、主催者の方々に感謝したいと思います。三輪大使は、「私たちの友情は非常に堅固であり、今後も発展させていくことを打ち明ける素晴らしい機会となりました」と述べました。
バニヤン・シボロPSと三輪義明閣下
三輪大使はまた、ソロモン諸島が関係各国をまとめ、祝賀会を開催したことを認めました。
また、日本人が負傷した際、米国から来た医師が介抱したことにも触れ、「このイベントは、我々の友情と協力が非常に強いものであることを示した」と述べました。
一方、外務・対外貿易省のコーネリアス・ワレゲリア次官も日本大使に謝罪の意を伝え、政府による正式な謝罪文を日本大使館に送付し、日本政府に伝達することを伝えました。
三輪義明閣下とコーネリアス・ワレゲリア外務貿易省副長官
三輪氏は、今回の事件は国際的なメディアにも取り上げられ、事件そのものがソロモン諸島で知られているものではないため、外務省を通じて政府はこの事件を軽んじていないと述べた。
また、大使が和解の呼びかけを受け入れてくれたことに感謝した。
「私たちにとって非常に価値のある、私たちの文化の一部であるこの小さな贈り物を受け取っていただき、改めて大変申し訳なく思っています」と述べた。
SIBCニュースによると、被告人はその場で逮捕された後、現在警察に拘留されているとのことです。
被害者は怪我の治療を受けた後回復し、本日午後、日本海軍とともに出国する予定です。

ソロモン諸島、ソガヴァレ首相の憲法改正強行と北京の影

TWでも話しました。日米豪NZが慰霊を行っている最中、北京とソガヴァレ首相は8月8日、国民が反対する選挙日程を延長する憲法改正を強行しようとしています。国民の怒りは高まり、議会で承認されれば新たな暴動の可能性もあります。

北京の影響を受けたソロモン諸島緊張高まる

https://twitter.com/i/spaces/1PlKQabDgyYKE?s=20

 

下記の記事では、本来豪州政府はソロモン諸島の選挙が予定通り行われるための支援をすべきところ、北京のオリンピックゲーム支援の後追いをすることしか頭にない事が書かれている。

Solomon Islands Prime Minister Manasseh Sogavare's government wants to delay election due to Pacific Games - ABC News

 

以下、エポックタイムスの機械訳

‘It’s Happening’: Solomons PM Attempts to Delay Election Amid Beijing Influence

それは起きた

ソロモン諸島の首相、北京の影響力の中で選挙延期を試みる
By Daniel Y. Teng August 9, 2022  2022年8月9日 

ソロモン諸島のマナセ・ソガバレ首相は、2023年11月のパシフィック・ゲームズの開催を理由に、選挙を延期する動きを見せている。

この動きは、南太平洋の専門家クレオ・パスカールが3月に、北京と深い関係を築いてきたソガバレ首相が、中国共産党の「エントロピー戦争」の主要目標である太平洋諸国への支配強化に乗り出す可能性があると警告したことを受けたものである。

8月8日、ソガバレ政権は2022年憲法(改正)法案を国会に提出した。この法案は、国の選挙を6ヶ月遅らせ、2023年12月31日にすることを目的としている。本来、国会は2023年5月に解散されることになっていた。選挙は通常、国会解散後4カ月以内に行わなければならない。

ロイターによると、憲法改正にはソロモン諸島議会の3分の2以上の賛成が必要で、投票は来月に行われるようだ。

7月、首相官邸は、ソロモン諸島には選挙とパシフィック・ゲームズの開催を同時に行うための資源がないと主張した。

オーストラリア政府は、大会開催に向けて1億スイスフラン(約1213万円)を拠出し、大会関係者はソロモン諸島の首都ホニアラに約5000人の観光客が訪れると見積もっている。


ソガバレ氏の動きに対して、野党党首のマシュー・ウェイル氏はこう言った。"だから、そうなっているのだ"

"ソガ首相は、第11議会の解散を延期するための憲法改正法案を提出した。市民には法案委員会のプロセスを利用して意見を述べることを勧める」と8月9日にツイッターに書き込んだ。

ウェンディ・シャーマン米国務副長官は、米国と太平洋諸国は「ここで何が起こるか、非常に注意深く見守るだろう」と述べた。

シャーマン氏は、ガダルカナルの戦いから80周年を記念してソロモン諸島に滞在している。滞在中、彼女は野党指導者のソガバレ首相やソロモン諸島放送と会談した。同メディアグループは、首相からソガバレ政権に批判的な内容の自主検閲を強要されている。


北京のエントロピー戦争が進行中

3月、ソガバレは北京と秘密安全保障条約を結び、中国共産党がこの地域に軍隊、武器、海軍の艦船を駐留させる道を開くことになった。

チャタムハウスのアジア太平洋プログラムアソシエイトフェロー、クレオ・パスカールは以前、この関係はソガバレ首相に地位を固める自信を与えかねないと警告していた-首相は不人気で、次の選挙で負ける可能性があったのだ。

バヌアツでも最近、同様の事態が発生した。ボブ・ローマン首相は、憲法を改正して国会の任期を延長し、外国人の公職就任を認めようとしたのである。

しかし、反対派の議員が来なかったため、議会の定足数を満たせず、採決は失敗に終わった。

しかし、バヌアツとソロモン諸島の状況は、北京の「エントロピー戦争」戦略を示しており、民主的な制度が磨り減っていることを表している。

この戦略は、中国共産党があらゆる手段を講じて対象国の政治、メディア、法制度を不安定にし、自国の利益を中心とした「新秩序」を構築することを究極の目的として展開される。

「これらの兵器は、対象国を内部から弱体化させ、対象国を断片化し無秩序にするために使用され、中国の影響力に耐えられなくする」と、パスカルは以前エポックタイムズに語っている。

不安定さと断片化を生み出すこのプロセスは、政治的、社会的、経済的な "エントロピー "状態を生み出すと表現することができ、物事はただ崩壊し始める。そして、その無秩序な状態の中で、中国は自国とその代理人を中心とした新しい秩序を作り上げることができるのです。

ダニエル・Y・テン 
シドニー在住。連邦政治、COVID-19への対応、豪中関係などの国政問題を担当。